English

Product

写真集『写真論』
写真:松尾修

定価:3,800円(税抜)
発売:2012年8月3日

天地250mm×左右188mm/並製糸綴り/120P/
ISBN-978-4-904635-10-0/C0072


注文する

お取り扱い店舗

タイトルを見て随分大仰しいものを想像した。
だが開いてみるとまるで違った。
「写真論」は、長崎・佐世保や東京で暮らす家族、友人知人、
松尾修の傍らに寄りそう存在に深く追った作品である。
瞬間を記録する。ある人に伝達する。
御守りとして所有する。気分としてただ写す。
本作品は拍子抜けするほど、「写真」。
でもそれこそが写真が根源的に持つ役割であり、
彼が論じたいことなのかもしれない。
──加藤直徳(『TRANSIT』編集長)



松尾修
1970年長崎県佐世保市生まれ、東京在住。
2008年「他人のアルバム」(サンクチュアリ出版)
2010年「通学路」(プランクトン)